お役立ち

煽られた。不動産業者に行ったら必ず言われる『事前審査やりましょう』一体なぜ。

まだ本格的に住まい探しをしているわけでもなく、少し興味があって立ち寄った不動産屋さん。まだ購入する気持ちも高まっていないのに、『審査やってみましょう。』と勢いのいい営業マン。買わされちゃうの?

審査と聞くと緊張してしまいますよね。なぜ営業マンが審査を煽ってくるのか、説明いたします。

不動産の事前審査とは

住宅ローンには事前審査と正式審査の2ステップあり、事前審査とは銀行の融資(住宅ローン)が組めるか組めないかの仮審査になります。審査に合格したからと言って、お金を借りなければいけないものではありません。物件は決まっていなくても審査を進めることができます。
審査の内容としては現時点のお借入内容やお支払い状況、勤務内容、年収、です。早い銀行でしたら即日で結果が出ます。

事前審査をするメリットは?

事前審査ではお家が購入ができるか、または購入できないかを判断出来ますので、お住まい探しを進めると合わせて審査をするのが理想となります。信用情報に傷があったり、勤続が短かったり、年収上住宅ローンが組めないケースもございますので、不動産営業マンは早い段階で『買える人』かどうかを知りたいという心境でもあります。また、審査を出すことによって、お客様の勤務先や年収、家族構成、借入状況なども聞くことができますので、ライフスタイルに合った物件をいち早くご提案できるという営業マン側のメリットもございます。

その他にも、低金利が利用できるのか、実際にいくらまでお借り入れができるのかも知ることができます。あらかじめ知っておくこで無理のない不動産探しが可能となります。

なぜ煽られるのか。(重要)

一言で言いますと、理想の物件が見つかった際に最速でお申し込みを出すための下準備です。近年では、この事前審査が通っていないと建築業者にお申し込みを出せないことが多く、魅力的な物件が見つかって、後から事前審査を進めているうちに物件が取られてしまう。ということが驚くほど多いのです。不動産購入は迷っている暇はありません。あなたが欲しいと思った物件は、誰もが欲しいと思う物件でもあるのです。



審査の必要書類は

一般的な銀行でしたら、主に収入の証明書が必要になります。
・1年以上働かれている正社員でしたら『源泉徴収書』
・1年未満の正社員は『全ての給与明細』
・自営業の方は『確定申告書と収支内訳3期分』
・会社代表者は『決算書3期分』

あとは身分証明書(免許証・保険証)になります。そのほかに、既存のお借り入れがあれば返済予定表が必要となることもございます。

事前審査は安心なのか。もし落ちたら…

審査はいろんな銀行で行うことができますが、安心していただいて大丈夫です。情報が漏れる心配もなく、借りなければならない状況も生まれません個人情報を扱う不動産業者が信用できる業者であれば、思い切って全ての情報をお渡しください。言いたくない借り入れなども含め、隠し事は全てバレてしまいますので、全て出しましょう。審査突破の近道です。

もし事前審査が落ちてしまっても、他の銀行でチャレンジができます。あまりたくさんの銀行で審査に出すのはおすすめできませんが、銀行によっては審査の基準も違いますので、落ち着いて進めてみるといいでしょう。今後のためにもなりますので、落ちただけで終わらず、不動産業者と一緒に解決策も見つけましょう。

 

正式審査とは

住宅購入の順番としては、

①ローン仮審査

②不動産お申し込み

③不動産の契約

④ローン正式審査

⑤住宅ローンの契約

⑥不動産お引き渡し

ざっくりですが、このような流れになります。住宅ローンの正式審査は、不動産の契約書が必要になりますので、契約後に進めるものとなります。市役所などで取得する課税証明書など、公的な書類も審査に加わりますので、さらに細かい審査となります。



最後に

大きなお買い物を目の前に、『審査』と言われれば警戒してしまうお気持ちもわかりますが、住宅ローンの事前審査に関しましては、どこの銀行でも大丈夫ですので、一つ通しておくことをおすすめいたします。これは早いに越したことはありません。

私のお客さまでも「すぐに買わないから」、「2年後に購入を考えている」などという方がたくさんいらっしゃいますが、欲しいときに理想の物件は出てこないものです。買うつもりはない方でも翌週に買っていく方も多くいらっしゃいます。お家もご縁ですので、いつ出現するかわからない理想の永住邸に向けて、ぜひ事前審査を進めてみてはいかがでしょうか。






Copyright© ブリブロ.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.